Case Study

対応事例

店舗数が多く設備管理が
大変なチェーン店の
店舗開発担当者様

Point
ポイント
01

東海3県の
店舗をカバー

02

誤作動や
トラブルに即対応

03

依頼後は業務完結まで
お任せください

担当者様のお悩み

各店舗で設備の不具合が発生した際、店長から「すぐ対応してほしい」と担当者様へ連絡が入るものの、管理する店舗数も多くてなかなかスピーディーに対応しきれない状態でした。

セントラル防災の提案

店舗からの連絡を迅速に対応できるよう、通常の点検員とは別にフリーで動けるスタッフと営業担当者によるサポートをご提案。誤作動が発生した際もすぐに対応できる体制を構築しました。

結果

担当者様から当社へのご連絡後は、当社スタッフが対応窓口となることで、完了後の報告を受け取るだけで業務を完結できるようになりました。誤作動にもすぐに対応し、営業に支障が生じることもなくなりました。

Voice
お客様の声

消防設備のことはよくわからなくて、店舗数も多いので本当に困っていました。今は私の代わりに動いてくれるので、本来の店舗開発業務に集中できるようになって助かっています。既存店舗をリニューアルするときも、色々とアドバイスをしてくれるので心強いですね。

改修提案の資料作成まで
手が回らない
ビル管理会社の担当者様

Point
ポイント
01

提案資料の作成代行

02

見積り依頼に即対応

担当者様のお悩み

法定点検で設備の不備や不具合が見つかり、オーナーに改修工事をお願いしなくてはならないものの、多忙のため説明資料や提案資料の作成まで手が回らない状態でした。

セントラル防災の提案

法定点検にて不具合が見つかった際、必要な改修工事のお見積りご提示と共に、改修・交換が必要な箇所や工事内容、また工事の必要性・緊急性についてまとめた資料の、作成を代行するご提案をいたしました。

結果

当社がお渡しした資料をそのまま提出できるため、担当者様の資料作成に係る業務負担が軽減。改修工事の提案・実施もスピーディーに進められるようになりました。

Voice
お客様の声

今までは改修工事を説明するための資料作成にかなり時間を費やしていました。今は作成してもらった資料をそのまま利用することができ、急ぎの見積りもすぐに出してもらえるのでとても助かっています。

行政から問題点を指摘され
困っている
建物オーナー様

Point
ポイント
01

消防×建築の法的知識

02

一括対応でコストダウン

担当者様のお悩み

所有している建物の改修工事を行ったものの、その後、特定行政庁からは建築基準法に違反していると指摘されてしまい、どのように対応したらよいかわからずお困りの状態でした。

セントラル防災の提案

消防法と建築基準法の両方に精通しており、両方の点検・調査に対応していることをご説明。それぞれの解釈や基準を踏まえて診断を行い、2つの法律に則った提案と対応ができることをお伝えしました。

結果

建築基準法における問題点をご説明し、両方の基準を満たす改修工事を実施。その後、消防法と建築基準法それぞれに関わる点検・調査をまとめて実施することで点検コストの削減も実現しました。

Voice
お客様の声

建築基準法と消防法の2つの法律があることは承知していますが、細かな内容や解釈の違いまでは理解できず困っていました。セントラル防災は消防法と建築基準法の両方の基準に則って提案してくれるので、とても心強いです。

Top